東京の注文住宅を成功させる徹底ガイド  » 注文住宅づくりの基礎知識

注文住宅づくりの基礎知識

このカテゴリでは、注文住宅の施工を依頼する前や依頼時に知っておきたい基礎知識をまとめています。

知らないと損、知って得する8つのポイント

東京で注文住宅をつくるなら、施工を依頼する前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

注文住宅づくりを成功させるために、知っておくべきポイントとして取り上げたのは次の8つです。

【ポイント1】どんなお金がかかるのか

資金計画を立てるために必要な注文住宅の費用の内訳、家を建てたら払わなくてはいけない税金などについて解説しています。

【ポイント2】購入までの流れ

注文住宅の購入に伴って行わなくてはならない、さまざまな手続きについて解説しています。建築確認申請、不動産・動産登記(建物表題登記、所有権保存登記、所有権移転登記、根抵当権設定登記)など法的な手続きのほか、住宅ローンの申し込み、電気・水道の名義変更手続きなども、家づくりの流れに沿って説明しています。

【ポイント3】施工会社の選び方は

「ハウスメーカー」or「工務店」or「設計事務所」。注文住宅をつくる業者のタイプ別に、それぞれの強み、弱み、依頼するにあたっての注意点などをまとめています。

【ポイント4】施工スケジュール

土地探しから入居までの、おおまかな流れを紹介しています。全体を把握しておけば、次にやらなくてはいけないことが見えてきて準備がスムーズになりますから、是非おさえておいていただければと思います。

【ポイント5】間取りの決め方

理想の家づくりに役立てていただくために、間取りを考えるにあたっての注意点、ありがち失敗例をピックアップしています。

【ポイント6】どんな構造材があるか

木と鉄とRC(鉄筋コンクリート)、それぞれの家にどんな長所があるのか?をまとめました。構造材を決める前に要チェックのコンテンツです。

【ポイント7】注文住宅の優遇制度

長期優良住宅、住宅性能表示制度など、質の高い住宅をつくり認定を受けることで得られるメリットがあるのを知っておきましよう。

【ポイント8】想定外のトラブル例

これから注文住宅をつくろうという方にリスクを少しでも減らしてもらうために、「はじめての人にはちょっと想定が難しいかも」と思われる失敗の事例を、家づくりのテーマ別にまとめました。