施工会社の選び方

このページでは、注文住宅の設計・施工を依頼する会社の決め方を紹介します。

それぞれの注文住宅には強みと弱みがある

注文住宅の設計・施工を依頼する会社は、どのように決めるべきなのでしょうか。注文住宅を手がける会社には、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つがあります。それぞれの選び方を解説します。

ハウスメーカー

モデルハウスなどで仕上がりを確認できますから、安心感を重視するならハウスメーカーを選ぶ価値があります。それから大量生産の部材・資材を使用するため、品質が安定しているという強みがあります。

しかし、その反面、オリジナリティに欠けるという弱みがあるので、「デザインにこだわりたい」という人には向いていません。注文住宅といってもゼロからつくるというよりも、幅の広い仕様が提案されて、そこから選びながらつくっていくという流れをとるからです。

また広告費や展示場の運営費、人件費など、多額の経費を回収するため、費用は割高となります。

工務店

工務店に注文住宅を依頼するメリットは、なんといっても、マイホームに対する施主の思いに真摯に向き合ってくれるということです。設計、間取り、設備についての意見をどんどんぶつけることができます。

また、コスト面でも広告費や人件費などの経費をかけていない分、低くなります。その他、ハウスメーカーとの比較でいうと、工期も短くなり、仮住まいなどの経費についても抑えることができます。

数年前までは、外観・デザインにこだわる人からは、敬遠されがちだった工務店ですが、最近は建築設計事務所並みのデザイン力を発揮する会社も増えてきています。選ぶ際の注意点としては、会社によって、設計力や施工力、あるいは費用にも幅があることです。

設計事務所

設計事務所は、施主の思い描く注文住宅づくりを徹底追求してくれる良さがあります。機能やデザインにこだわった、自分だけの家を望むなら設計事務所に依頼するのがおすすめです。

設計事務所の弱みとしては、なんといってもコスト。施主の思いをかなえるためにオーダー品や特別な材料を使うことも少なくなく、また工事の精度をシビアに求める傾向がありますから、どうしても工事費は割高となってしまいます。

その他、事務所のメインとなる設計者の作風が、施主の感性と相性がわるいと、「なかなかデザインのすり合わせができない」というリスクもあります。