東京の注文住宅を成功させる徹底ガイド  » 注文住宅づくりの基礎知識 » 注文住宅でキッチンを作るポイント~失敗事例を確認~

注文住宅でキッチンを作るポイント~失敗事例を確認~

失敗してしまった人の事例

ここでは注文住宅を建てる際に、キッチンにこだわりはしたものの、満足な出来に仕上がらなかった失敗パターンを紹介しています。

実際に失敗したパターン

  • 換気扇を隣人側につけてしまった。
  • ゴミ箱を置くスペースをしっかりと確保できていなかった。
  • サイレントシンクにしておけばよかった。
  • コンセントの差し込み口をもう少し多めに付けておけばよかった。
  • キッチンの通路はもう少し幅が広い方が快適だった。

このように、いざ出来上がったものの実際は失敗している部分があったというケースは多いのです。この中でも換気扇の設置場所はただの凡ミスだといえます。というのも、自分が住宅を建てる前には隣に住宅があるわけですから少し注意を払えば換気扇の設置場所を違う場所に設置するくらいの工夫できたはずです。

住宅の内装などを考える際には、様々なことを一度に考えるため、このような凡ミスをしてもおかしくはありません。ですから、複数の人に確認をしてもらうなどしてミスに気付けるような対策をとっておきましょう。

他にも、キッチンにこだわるものの、細かいところにまで目が行き届かなかったため失敗したというケースも多々あります。上記の事例でもあるように、コンセントの差し込み口に関してまともに考えることもなかったため、電子レンジや冷蔵庫、その他電化製品を使用するために、タコ足配線や延長コードなどが必要になり不便な思いをしている人もいるのです。

システムキッチンなどを取り入れる人の多くは、キッチンでの利便性を向上させることが目的だといえます。しかし、このような細かい部分で失敗してしまっては、本当に求めていた利便性を手に入れることができません。

細かいミスをなくすためにも、しっかりと2重、3重にもチェックをした上で建築の依頼をするようにしましょう。

こだわりキッチンを作るなら決めておきたいこと

暮らしのシーンを考えて決める

料理に集中できる環境を望むのであれば、独立キッチンが打ってつけです。家族とのコミュニケーションを重視するのであれば、ダイニングキッチンが良いでしょう。キッチンを中心とした生活環境を望むのであればリビング・ダイニング・キッチンがベストです。それぞれ自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

料理をしている時のシーンをイメージする

自分が料理をする時のシーンをイメージしましょう。自分の調理スタイルは一体どのようなものなのか、台所に向かう時の姿勢はどのようなものなのかというポイントを知ることで、キッチン選びもしやすくなります。

調理スペースを考える

  • 調理台
  • 通路
  • 作業動線

以上の3つの要素はとても重要なものといえます。
調理台は、作る料理の量によって大きさが変化しますが、一般的には60センチ~90センチが良いとされています。

通路は、人が通るということに重点をおき考えられます。人が通るのに必要な広さは60センチほどですから、ゆとりを持たせるためにも最低80センチは欲しい所です。

作業動線に関して意識したいのが、「ワークトライアングル」です。コンロやシンク、冷蔵庫を三角形形に結び、それぞれの場所へ到着するまでが4歩以内であることが理想とされています。

カウンターの高さ

カウンターの高さは腰が痛くならない程度にするのが良いといえるでしょう。ちなみに、思い鍋やフライパンをコンロで使うこともあるので、力を入れやすいように少し低めにするなどして工夫しておくことをおすすめします。

キッチンはどういった種類があるのか

キッチンには様々な種類があります。間違った選択をしないためにも、自分の調理スタイルを考慮した上で選ぶようにしましょう。

用途に合わせて選ぶ

  • システムキッチン
  • I型キッチン
  • 対面型キッチン
  • アイランド型キッチン
  • セクショナルキッチン
  • L型キッチン
  • U型キッチン

このように一口にキッチンといってもこれだけの種類があります。実際はまだまだ種類があるため、選ぶのに一苦労することでしょう。これらのキッチンにはそれぞれにメリット・デメリットが存在するのです。ですから、選んだ後に後悔しないためにも、自分の用途に合うものを選ぶようにすることをおすすめします。

こだわりのキッチンを作ろうか悩んでいるならショールーム

注文住宅を依頼する前に、ショールーム見学をすることでキッチンに関して様々な説明を受けることができます。また実際に見て触れることができるという魅力があるのです。ここではショールーム見学に関して紹介していきます。

疑問も即解決

キッチンに徹底してこだわりたいという場合は、東京にあるショールームへ見学に行きましょう。ショールームの見学では、実際にキッチンを見ることができるため、質感や色味などの雰囲気を知ることができます。

他にも、アドバイザーがいるので、そのアドバイザーの説明を聞きながら体感することができるという素晴らしい利点があるのです。また、知りたいことがあればその場ですぐにアドバイザーへ質問をすることができます。ですから、疑問点をその場で素早く解決することができるのです。

カタログだけでは知れないであろうことを短時間で大量に知ることができる場なので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。