東京の注文住宅を成功させる徹底ガイド  » 注文住宅づくりの基礎知識 » 【木・鉄・RC】構造材のメリット比較

【木・鉄・RC】構造材のメリット比較

注文住宅を建てる際にしておきたい、住宅の構造物ごとの違いを紹介しています。

木造・鉄骨・コンクリート造のメリット比較

住宅をつくる際に構造物として使われるのは、木材と鉄骨、鉄筋コンクリートの3種類。それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく検討してから家づくりをスタートすることをおすすめします。

木造住宅のメリット

日本国内でこれまでに建てられた住宅の8割近い建物が在来工法(木造軸組工法)による木造住宅です。在来工法はその名のとおり日本で昔からあった伝統的な工法であり、日本らしいデザインが最も引き出せるとされています。

木の柱と梁を組み合わせてつくった骨組に木材を斜めに通して、横からの荷重に耐えられるようにした筋交(すじかい)が特徴的。屋根裏や床下の通気性を高めることで、「夏涼しく、冬暖かい」家を建てられる日本の気候に適した工法です。

一番のメリットは設計自由度の高さ。場合によっては体育館のような大型空間も実現させられます。

また木造住宅を建てる工法には、木の間柱(2インチ×4インチ)と合板等で作った壁で建物を支える2×4(ツーバイフォー)工法もあります。圧力に対して壁という面で住居を支えてくれます。そのため、耐震性に優れています。

さらに2×4は、工場で生産される規格化された材料を使うため、「施工ミスが少ない」「コストが抑えられる」などのメリットもあります。 

鉄造住宅のメリット

鉄骨造の建物は使用される部材の厚みによって軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類に分けられます。

木造住宅の柱や梁などが厚さ6mm未満の鉄骨に替わる軽量鉄骨造に対して、柱が少なくても頑丈な家になりやすい重量鉄骨造。一概にどちらが良い、と断定はできません。

軽量鉄骨造の建物は部材の品質が一定のため、工期が比較的短く済み、また、部材は大量生産されるため、コストが抑えられることが特徴です。

その分、設計やデザインに制約が多く、積載物の総重量にも制限がかかってしまうため、屋上の有効利用が難しいケースもあります。

一方重量鉄骨造はというと、大規模なマンションや高層ビルでも採用されるほど信頼性が高く、法定耐用年数も鉄筋コンクリートの次に評価されています。

梁と柱、建物の重みを支える構造物が頑丈につながっており、柱の本数を減らせるケースも。軽量鉄骨造と比較して自由設計もしやすいと思います。

鉄筋コンクリート住宅のメリット

一昔前はビルやマンションに採用されるほど信頼性の高い構造物といえます。

耐久性が非常に高く、押しつぶそうとする力に強いコンクリートと、引く力に強い鉄筋が組み合わさっていることが、この高い耐久性を生み出す理由です。

気密性や防音性能が高いことも特徴のひとつ。室内の温度差が小さく音も漏れにくいので、総じて住みやすい住居といえます。

ネックは建築費用が高額なこと。さらに、構造体自体が非常に重いため、地盤改良が必要なケースもあります。

また、高い気密性と関連して、湿気がこもりやすい点も注意が必要。換気には充分気を使わないと、結露が発生し、構造体の寿命を縮めてしまいます。