避けて通れないお金の話

資金計画の立て方やローンの使い方、家を建てた後に必要な税金について紹介します。

注文住宅にかかる費用の内訳とは

まずは、注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳について知っておきましょう。家を建てるためには土地代のほか、次の費用がかかります。

総費用額=建物本体価格+付帯工事+その他諸費用

建物本体価格とは、注文住宅の建設自体にかかる費用です。一般的には総費用の75~80%を占めます。

さらに建物の本体工事は、「基礎躯体工事費用」「仕上げ工事費用」「設備工事費用」にわけられます。基礎躯体工事とは、鉄筋とコンクリートで建物の基礎をつくるところからはじまる家の本体の工事のことです。

仕上げ工事とは、内装や外壁、建具などの工事です。設備工事費用とは、電気や給排水などの工事にかかる費用です。どの部分にいくらかかるかは、その土地の条件や求める間取りや設備によって変わってきます。

用地の地盤が弱ければ、基礎工事に費用をかけなくてはなりません。また、内装や外壁に高級素材を使えば、その分の費用がかかります。

付帯工事費は、電気、ガス、水道、電話などの配線・配管を引き込むための工事や外構工事など建物の外側を整備するためにかかる費用のことです。

そのほか、庭やガレージなどの工事も付帯工事に分類されます。

また、諸経費として、建築の確認申請・検査にかかる費用、不動産の登記費用、保険料(火災保険・地震保険)、住宅ローンの手数料や保証料、引越代なども発生します。

忘れてはいけない注文住宅の税金

これらの費用に加えて、注文住宅を建てる時に関わるお金の話として、土地や家を購入した場合に様々な税金が発生します。

「家づくりそのものの費用しか考えていなかったため税金が払えなくなってしまった」ということがくれぐれもないよう、税金も資金計画に入れる必要があります。

注文住宅にかかわる税金には登録免許税、不動産取得税、印紙税、消費税、固定資産税、都市計画税などがあります。

いくつもの税金を納めなくてはならないわけですが、住宅ローンを借りることで、所得税の軽減措置を受けることができます。

住宅ローンの組み方や、借り入れにともなう税務手続きについては、長年の実績がある注文住宅業者であれば、丁寧に教えてくれますから、相談してみるといいでしょう。