避けて通れないお金の話

資金計画の立て方やローンの使い方、家を建てた後に必要な税金について紹介します。

注文住宅にかかる費用の内訳とは

まずは、注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳について知っておきましょう。家を建てるためには土地代のほか、次の費用がかかります。

総費用額=建物本体価格+付帯工事+その他諸費用

建物本体価格とは、注文住宅の建設自体にかかる費用です。一般的には総費用の75~80%を占めます。

さらに建物の本体工事は、「基礎躯体工事費用」「仕上げ工事費用」「設備工事費用」にわけられます。基礎躯体工事とは、鉄筋とコンクリートで建物の基礎をつくるところからはじまる家の本体の工事のことです。

仕上げ工事とは、内装や外壁、建具などの工事です。設備工事費用とは、電気や給排水などの工事にかかる費用です。どの部分にいくらかかるかは、その土地の条件や求める間取りや設備によって変わってきます。

用地の地盤が弱ければ、基礎工事に費用をかけなくてはなりません。また、内装や外壁に高級素材を使えば、その分の費用がかかります。

付帯工事費は、電気、ガス、水道、電話などの配線・配管を引き込むための工事や外構工事など建物の外側を整備するためにかかる費用のことです。

そのほか、庭やガレージなどの工事も付帯工事に分類されます。

また、諸経費として、建築の確認申請・検査にかかる費用、不動産の登記費用、保険料(火災保険・地震保険)、住宅ローンの手数料や保証料、引越代なども発生します。

忘れてはいけない注文住宅の税金

これらの費用に加えて、注文住宅を建てる時に関わるお金の話として、土地や家を購入した場合に様々な税金が発生します。

「家づくりそのものの費用しか考えていなかったため税金が払えなくなってしまった」ということがくれぐれもないよう、税金も資金計画に入れる必要があります。

注文住宅にかかわる税金には登録免許税、不動産取得税、印紙税、消費税、固定資産税、都市計画税などがあります。

いくつもの税金を納めなくてはならないわけですが、住宅ローンを借りることで、所得税の軽減措置を受けることができます。

住宅ローンの組み方や、借り入れにともなう税務手続きについては、長年の実績がある注文住宅業者であれば、丁寧に教えてくれますから、相談してみるといいでしょう。

住宅ローンとは

文字通り、住宅購入希望者向けのローン商品です。住宅ローンの場合は、カードやフリーローンと違い、購入した住宅そのものが担保となります。そのため、金利が比較的低めなので、住宅購入でかかる費用負担を抑えられるメリットがあります。

住宅ローンを受け付けている機関

  • 銀行
  • 保険会社
  • 住宅ローン専門会社

また、不動産会社でも、提携を結んだ金融機関にローンを斡旋してくれるところがあります。いわゆる、提携ローンです。利用先は豊富ですが、設けられている金利やサービス内容は、それぞれ差異があるので、自分にピッタリなものを選ぶために多少なりの知識を身につけた方が良いです。

住宅ローン控除を受けよう

住宅ローン控除とは、平たく言うと納税の負担を軽減する措置のことを意味します。ローン返済と納税の負担により住宅購入を諦める人が続出することを懸念して、国が設けた措置なのです。つまり、住宅ローン年末残高を所得税と住民税から差し引かれるのです。正確に言えば、一度支払った所得税と住民税が手元に戻ってくるのです。住宅ローン控除の制度を利用すれば、納税金額が減るので家計に負担が軽減されます。

家計に優しい住宅ローン控除ですが、誰もが簡単に利用できる代物ではありません。利用するには、設けられた条件をクリアしなければならないのです。ちなみに、新築購入する人たちのほとんどがこれらの条件をパスしています。

設けられている条件

  • 床面積が50㎡以上ある住宅を居住目的で購入
  • 借入期間が10年以上
  • 年収が3,000万円以下

これらの条件に当てはまっていれば、控除の制度が受けられるので、利用前に設けられている項目に当てはまっているか確認しましょう。

注文住宅を建てる際の住宅ローンの組み方

住宅ローンの申し込みは、建物と土地のワンセットが原則。土地購入契約だけの段階では申し込みが受理されません。住宅ローンは、土地と建物を担保とします。土地購入契約締結、住宅の建築計画の明確化、役所への建築確認申請提出を済ませることで、すんなりと住宅ローン申し込みが受理されるのです。

住宅ローンと住宅ローン減税の違い

住宅ローンのことを調べていると、「住宅ローン控除」と「住宅ローン減税」の言葉を耳にします。一見、控除と減税、双方とも違ったニュアンスで聞こえる用語ですが、基本的には同じ内容のものです。どっちも住宅借入金等特別控除の通称なので、違いはほとんどありません。

今話題のローコストを建てたい!

ローコスト住宅とは、文字通りのものです。あらゆる無駄を省くことで、リーズナブルな価格で住宅を購入できます。一般的に、家を建てるのに必要な費用は、材料費や人件費、その他諸々の費用。これらを企業努力によって、通常よりも安い費用で住宅が購入できるのです。

住宅建築で欠かせない材料は、会社独自の購入ルートで材料を安く調達するのは勿論、部屋数・間取り・空間デザインをシンプルにして、材料費を抑えると言った工夫を凝らしています。また、建築がらみ以外では、モデルハウス維持費やテレビCMなどの費用も削減しています。質の良い住宅を安く購入してもらうために、あらゆる無駄をそぎ落としているため、ローコストな注文住宅の提供が実現できるのです。

注文住宅でローコストにするには

ローコストで住宅を提供できるのは、材料費や人件費、広告費用と言った無駄なものを極力省くだけではありません。住宅設計の間取りにもコストを低くするための秘策が隠されています。以下で紹介している方法を取り入れれば、高額な印象を抱く注文住宅でも、リーズナブルな価格で手に入れやすくなります。

まず、間取りはシンプルに四角くするのを基本とします。凸凹の少ない四角い部屋に整えることで、壁を少なくできるのと、1階と2階の部屋の大きさをほぼ同じにできるのです。シンプルな作りにすることでコスト削減は勿論、外壁工事の手間を省きやすくします。

また、オール洋間の住宅にすれば、施工費用を安く抑えられます。実は、和室を作るのに畳の敷き込みから壁の造作、障子の設置に至るまで、色々と手間がかかります。比較的スムーズに作れる洋室に絞ることで、コスト削減や施工期間短縮化が図れます。

ローコスト住宅を受け付けている会社では、間取り工夫やオール洋間設計の他にもコスト削減のために細かな工夫を凝らしています。

  • 平面外形は長方形・正方形・L型のどれか
  • 間口や奥行の比率は1:1.5
  • 屋根造り=切妻か寄棟型
  • 天井の高さ2m40cm以内
  • 階段の段数を13段か14段以内

ちなみに、上記で挙げたものは一例に過ぎません。建築会社によってコスト削減の方法が異なります。ローコストでの注文住宅で失敗しないために、まずは専門家に相談するところから始めましょう。