東京の注文住宅を成功させる徹底ガイド  » 注文住宅づくりの基礎知識 » 同じ家でも品質や耐久性に差異がある!

同じ家でも品質や耐久性に差異がある!

建売住宅とは?

こちらでは、建売住宅と注文住宅の良さをまとめています。同じように見えて違う双方の特徴を踏まえてから購入したい人必見です!

建売住宅は、言わば既存品のようなものです。注文住宅とは全く違い、デザインや間取り、内装システムに至るまでプロが決めて建築した住宅なのです。プロならではの目線で、住宅が作られているので、購入後に住んでみて「思っていたのと違う」と感じにくいです。

何より、建売住宅を購入すれば、もれなく土地もついてきます。建物と土地がワンセットで購入できるため、土地物件を探す手間が省けます。それに、建売住宅は、事前に内覧見学ができるので、内装システムから空間デザインに至るまで自分の目で確認できるメリットを有しています。実際の家を見れば、自分が生活している光景は勿論、家具の配置や生活動線はどうなるのか思い浮かびやすくなります。

一見、何から何まで全部プロが家のデザインを決めて建築しているのが建売住宅のイメージです。実は、間取りやクロス、床材、水回りのデザインに融通が利くセミオーダーメイドのようなプランを設けている建売会社も存在します。あるいは、購入希望者が現れたら家を建てるスタイルを採用している会社も存在します。

建売住宅も、注文住宅と同じ感じで利用できるようになってきています。

 

注文住宅と建売住宅を比較

注文住宅と建売住宅のどっちにすればいいのか迷いに迷っているなら、まず双方のメリットを見てみませんか。以下では、ローン審査の通りやすさや性能に至るまで、注文と建売の利点についてまとめてみました。

建売住宅のメリット

  • 価格がわかりやすい
  • 仕上がりをイメージしやすい
  • 住宅ローンが早く組める
  • 購入後、早く住める

住宅のデザインに関しては、ある程度制限が設けられていますが、「既に出来上がっている」という特性上、住宅ローンの審査を早い段階でパスしやすい、購入後はすぐに住めると言ったメリットが目立ちます。

 

注文住宅のメリット

  • 好きな広さの間取りにできる
  • 空間デザインや外観にこだわれる
  • 好みの建材や設備を取り入れられる
  • 将来的なリフォームにも対応できる
  • 建築過程を確認可能
  • 性能がわかりやすい

カスタマイズ性で言えば、注文住宅の方に分があります。住み心地の良い内装空間や室内システムを自由に選んで組み込めるのは勿論、外観や内装のデザインや将来的なリフォームなど、家を好きに組み替えられるのは大きいですね。

ただし、自由度が高い分、建築予定地の環境を緻密に調べる、部屋の配置や季節対応に至るまで、あらゆることを想定しておかなければ、住み心地の悪い家になってしまうので気をつけましょう。

 

双方に共通していること

  • 総費用を抑えられる

  • 施工後の保証が充実している

一見、総費用は建売住宅に分がある印象を抱きますが、注文住宅でも事前に施工業者に予算を伝えておけば、その範囲内で調節してもらえるのでどちらをとっても費用面は変わりないと言えます。

保証に関しても、平成12年施行の住宅品確法により、新築は基本構造部分をメインに10年ほどの瑕疵担保責任を付けることを義務付けられているので、アフターサービス面も大差ありません。ただし、保証は会社ごとに設定内容が異なってくるので、事前に内容を確認した方が良いです。

 

一生住むなら注文住宅がおススメ

一見、注文住宅の方は高額な金額がかかってしまうイメージがありますが、価格に対する品質は高めです。等級的にも品質の良い建材を用いて、丁寧な施工をしてくれるので、早い段階で劣化する可能性が低めです。そのため、メンテナンスを短いスパンで行なわずに済むので、将来的な目線に立てば、注文住宅の方が良心的と言えます。

それに、注文住宅は将来的に変化する家族構成にも対応しやすいです。年月が過ぎれば、子供が独立する、あるいは戻ってきて2、3世帯で生活をすることもありえるからです。子供の成長と親の高齢化、2、3世帯で過ごすことを想定して、施工計画を練れます。

家は、十数年と長きにわたり使っていくものです。使っている間は、維持費用は勿論ですが生活の変化に対応するためのリフォームの費用も生じます。

 

子供の成長を考慮する場合

  • 数人兄弟なら、個室を作らずに出入口を2つ設けた広めの部屋を用意してから仕切りで分ける
  • 様子を窺いやすくするために、キッチンやリビング近くにし、ドアは引き戸タイプにする

老後を想定するなら

  • 子供が独立することを想定して、なるべく広い部屋で作る
  • 転倒防止で大けがを避けるために、手すりなどの補助器具を設置
  • 浴室やトイレなど、体温変化が起こりやすい場所には、温度を一定に保つ設備を設置

注文住宅で失敗しないために、加齢や家族構成の変化を考慮して、設計段階から綿密に施工会社担当者と相談した方が良いです。数年後のことを想定した間取にすれば、リフォームで大きな出費を伴いにくくなります。