想定外の出来事とは

これまでに注文住宅を建てた施主さんが、「失敗したな」と思っている

注文住宅には失敗のリスクがいっぱい

せっかくの注文住宅づくりで失敗したくない、という思いはどの施主さんにも共通する想いですよね。

【寝室】
  • 寝室に置くためにナイトテーブルを買ったのに、ダブルベッドのスペースを確保し忘れてしまいました。せっかく買ったのに……。
  • 道路に面したところに寝室をつくったところ、夜間も意外に交通量が多くて落ち着けません。もっと周辺の環境をリサーチしておくべきでした。
【配線】
  • 単純な失敗ですが、コンセントの数が全然足りませんでした。一番困るのは掃除機をかける時で、延長コードを使わないと家中の隅々まで掃除できません。
  • 玄関の照明を点けるためのスイッチを、帰宅後、靴を脱いで室内に上がらないと手が届かない場所にしてしまったので、毎日不便な思いをしています。
【駐車場】
  • 駐車場はスペースを作ったのですが、自転車のことをすっかり忘れていました。車を停めてしまうと自転車を置くスペースがないので、お気に入りのロードバイクは泣く泣く屋外に置きっぱなしのままです。
【収納】
  • 床下収納を深くしすぎてしまいました。物を出し入れする際とても不便です。
  • 大型収納を2階にまとめたのが失敗でした。物の出し入れのために階段を上り降りしています。
【庭】
  • 中庭にあこがれがあったのでつくりましたが、日光が充分に届かず、草花が育たたないという悲しい庭になってしまいました。太陽の高さや日差しについて調べておかなったことが原因です。
【温度】
  • 快適だろうと思って吹き抜けのリビングにしたら、冷暖房が全然効かなくて困っています。特に猛暑の夏は大変です。
  • これはおしゃれだと思ってロフトを作ったのはいいのですが、換気口や窓を一切作らなかったので、夏になるとサウナ状態になってしまい、とても使えません。
【施工業者】
  • 自分の予算では無理だろうと勝手に決めていたプランが、同じ業者の施工実績にあったのを見てとてもショックでした。担当者にもっとしっかりと相談すべきでした。
  • 営業担当が誠実な人だったので契約をしたところ、話が進むにつれて設計・施工担当と違う人に引き継がれて……不安を抱き続けながらの家づくりになってしまいました。