足立・葛飾・江戸川

このページでは、足立区・葛飾区・江戸川区の土地の住みやすさや土地相場をチェックしました。

足立区

土地相場

平均33万5,160円/m2(坪単価110万7,967円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 足立区竹の塚:34万4,000円/m2(113万7,190円/坪)
  • 足立区千住曙町:30万6,000円/m2(101万1,570円/坪)
  • 足立区舎人:21万9,000円/m2(72万3,966円/坪)
地域情報

東京23区の北東にある足立区は、川口市、草加市、八潮市など埼玉と隣り合っています。足立区の中心となる街が、日光街道の江戸から数えて最初の宿場町として栄えてきた北千住です。昭和の面影を残す商店街もあり、趣のある雰囲気の街ですが、2006年以来、4校もの大学が移転してきたこともあり、「学生の街」という新たな顔も持ち始めています。

北千住駅には、JR常磐線、東京メトロ(千代田線、日比谷線)、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスが乗り入れ、都内の主要なエリアへのアクセスは抜群です。また北千住のほかにも、駅前の商業施設や区の施設が充実した竹ノ塚や西新井大師の門前町として栄えた西新井も、個性的であって通勤通学にも便利で街として、人気となっています。

足立区の特徴として、川や自然に恵まれていることがあげられます。荒川土手や日暮里舎人ライナーで訪れることができる舎人公園など、区民の憩いの場が、あちこちにあります。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園86園、保育園56園、小学校71校、中学校39校、高校11校

<医療環境Data>病院数468か所、医師数(千人あたり)1.27人

葛飾区

土地相場

平均33万4,800円/m2(坪単価110万6,776円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 葛飾区新小岩:37万5,000円/m2(123万9,669円/坪)
  • 葛飾区堀切:31万3,000円/m2(103万4,710円/坪)
  • 葛飾区亀有:29万7,000円/m2(98万1,818円/坪)
地域情報

東京の北東端に位置し、川をはさんで松戸市(千葉県)、八潮市・三郷市(埼玉県)と隣り合う葛飾区。区内の住宅地には、商店街のあるところが多く、どこに住んでも買い物の便は良好です。そして都立水元公園をはじめ家族で遊べるような公園にも恵まれた豊かな生活環境も葛飾区に住む魅力となっています。

葛飾区全体の雰囲気としては、下町の風情が残っており、また町工場や伝統工芸の工房も多いため、日本の原風景の中で暮らすような、安らぎを感じるエリアといえます。

交通の便については、JR線(常磐線・総武線)、東京メトロ千代田線、京成本線、北総線などが走っており、上野、秋葉原を経由し、都心へスムーズに移動することができます。利便性の高さで選ぶなら、亀有や新小岩、金町など、JR沿線。より落ち着きを求めるなら、青砥、京成高砂、寅さんで有名な柴又などの京成沿線もおすすめです。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園71園、保育園33園、小学校49校、中学校27校、高校8校

<医療環境Data>病院数370か所、医師数(千人あたり)1.67人

江戸川区

土地相場

平均35万5,955円/m2(坪単価117万6,711円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 江戸川区平井:34万7,000円/m2(114万7,107円/坪)
  • 江戸川区西葛西:29万5,000円/m2(97万5,206円/坪)
  • 江戸川区東瑞江:27万2,000円/m2(89万9,173円/坪)
地域情報

江戸川区は、江戸川を越えると千葉県(浦安、市川)という位置にあります。東京都の東端にある江戸川区ですが、「公園の数と面積」「出生率」「子どもの数」といったデータでは東京23区でトップとなっており、暮らしやすさ、子育てのしやすさを重視するなら、かなりポイントの高い区だといえるでしょう。

江戸川区は、南北にとても長いことから、地域・沿線によって、それぞれの街が様々な特徴を持っています。都営新宿線沿線の船堀、一之江、瑞江などは、穏やかで住みやすい雰囲気があります。

JR総武線の平井、小岩は、下町の風情を持ちながらも、新しいショップやカフェも身近にある暮らしを楽しむことができます。また東京メトロ東西線沿線にある葛西、西葛西などは、道路が整備されていて、なおかつ公園は充実していて、子育てファミリーに暮らしやすい街と評判です。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園81園、保育園45園、小学校73校、中学校35校、高校10校

<医療環境Data>病院数425か所、医師数(千人あたり)1.14人