立川・国分寺・国立・府中

このページでは、立川、国分寺、国立、府中の生活環境や地価相場をまとめています。

立川

土地相場

平均47万5,636円/m2(坪単価157万2,351円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 立川市幸町:22万4,000円/m2(74万495円/坪)
  • 立川市錦町:28万円/m2(92万5,619円/坪)
  • 立川市高松町:30万4,000円/m2(100万4,958円/坪)
地域情報

立川市は東京の中央から西寄り、武蔵野台地にあります。南に多摩川、北に玉川上水が流れる武蔵野台地に位置しています。交通の中心は立川駅で、JR3線(中央線、青梅線、南武線)がアクセスしており、新宿駅、東京駅にスムーズに移動できます。

市内は、その他、立川市の交通手段としては、市内を南北に走る多摩都市モノレールや西武拝島線、西武・京王の路線バスなどがあり、日常の移動は快適といえます。

立川を紹介するのに欠かせないのが、市の真ん中にある「国営昭和記念公園」です。広大な敷地で、四季折々の自然や様々な遊び(バーベキュー、サイクリング、水泳)などを楽しむことができる憩いの場となっています。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園28園、保育園12園、小学校20校、中学校9校、高校5校

<医療環境Data>病院数161か所、医師数(千人あたり)2.96人

国分寺

土地相場

平均37万5,687円/m2(坪単価124万1,942円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 国分寺市南町:55万5,000円/m2(183万4,710円/坪)
  • 国分寺市東元町:32万円/m2(105万7,851円/坪)
  • 国分寺市東恋ケ窪:26万6,000円/m2(87万9,338円/坪)
地域情報

多摩地域の東部にある国分寺は、太古の多摩川が武蔵野台地を浸食してきた国分寺崖線で知られています。

市内にも北西端から南東部まで連続し崖線樹林地が形成され、そこからの湧水にはサワガニやホタルがすむなど生物多様性に富んだ環境がつくられています。

こうした豊かな自然に恵まれる国分寺ですが、生活の利便性も非常に高いといえます。国分寺駅の駅前には北口、南口ともに大型スーパーと商店街があり買い物に困ることはありません。

もちろん中央線沿線ですから、都心への移動もスムーズです。国分寺駅からはJR中央線通勤特快停車駅で、吉祥寺へ16分、新宿へも21分。

また、西武国分寺線、多摩湖線も乗り入れており、東村山や小平方面への移動することができます。さらに鉄道のほかにも、バス路線が20近くもあり、府中などの周辺都市への移動が便利なのも国分寺の特徴です。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園11園、保育園6園、小学校11校、中学校6校、高校2校

<医療環境Data>病院数113か所、医師数(千人あたり)1.04人

国立

土地相場

平均35万227円/m2(坪単価115万7,776円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 国立市東:33万8,000円/m2(111万7,355円/坪)
  • 国立市富士見台:29万6,000円/m2(97万8,512円/坪)
  • 国立市西:32万2,000円/m2(106万4,462円/坪)
地域情報

国立は、美しい町並みと文化的な雰囲気の感じられる街として知られています。JR国立駅の南口から伸びる、一橋大学のキャンパスがあることから「大学通り」と呼ばれている並木道は、春は桜、秋にはイチョウが見事に街を彩り、新東京百景(東京都選定)にも選ばれています。

駅周辺は学生たちでにぎやかですが、大学通りから一歩入ると閑静な住宅地が広がります。都市景観をまもる住民の意識は高く、建物の高さ、色が条例で指定されているほどです。買い物環境については、駅近くに昔ながらの商店と都心型のスーパーが混在して、いろいろな層のニーズに応えています。

国立駅から新宿へは、JR中央本線快速で約30分。さらに東京駅へもダイレクトにいくことができます。また国立市は、鉄道だけでなく自動車を使う人にも非常に便利です。市の中央を甲州街道が、南部を国道20号線が東西に走っています。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園11園、保育園9園、小学校11校、中学校5校、高校4校

<医療環境Data>病院数83か所、医師数(千人あたり)1.04人

府中

土地相場

平均32万4,824円/m2(坪単価107万3,799円/坪)

※用途住宅地の価格データ(参考)

  • 府中市宮町:41万5,000円/m2(137万1,900円/坪)
  • 府中市府中町:44万4000円/m2(146万7,768円/坪)
  • 府中市本町:31万2,000円/m2(103万1,404円/坪)
地域情報

多摩地方の北部にある府中市は、江戸時代から甲州街道の宿場町として発展を続けてきた街です。

少し以前になりますが2008年に、ある不動産ポータルサイトが東京都下に住んでいる人を対象に自分の街の住み心地を聞いたアンケート調査で第1位となるなど、住みやすいとされる土地です。

その時の結果をみると、「公共サービス」「地域コミュニティ」の充実、府中の森公園、武蔵野の森公園などの自然の多さも高く評価されているようです。

交通面では、京王線、JR線(南武線、武蔵野線)、西武線(多摩川線)が走っており、東西だけでなく南北への移動がしやすく、東は新宿方面へ、南は川崎方面へアクセスすることができます。

土地の住みやすさ

<教育環境Data>幼稚園35園、保育園20園、小学校24校、中学校12校、高校6校

<医療環境Data>病院数191か所、医師数(千人あたり)3.45人